» 映画・アニメのブログ記事

ポケモン映画2016「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」の感想・評価・評判・レビュー

今日はポケモン映画の公開日。「ボルケニオンと機巧のマギアナ」を映画館に観に行ってきました。
一部ネタバレ含みますので、まだ観に行っていない人がご注意を!


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5462076449185453"
data-ad-slot="7565347307"
data-ad-format="autorelaxed">


【ポケモン映画/ボルケニオンと機巧のマギアナ】レビュー
今年は短編映画がありませんでしたね。その代わり、作品内で可愛いポケモン達が暮らす隠れ家的なところがあり、
上手く本編と融合していました。
可愛いポケモンがお目当ての方も安心です(^-^)
ゲームフリークの増田さんの推しポケモン「コダック」も登場していました。増田枠かな?(笑)
ラケル王子役の中川翔子さん(しょこたん)の声優っぷりは今年もお見事。知っていないと、彼女だとはわからないレベルです。自然。
お姉さんのキミア役の方が「あー、これは声優さんじゃないな」と明らかにわかる声をしていたので、より差を感じました(^^;)

映画の感想としては「昨年より面白かった」と思います。短編がない分、長くて中だるみするかな?と心配していたのですが、
長く感じることもなく、最後まで観ることができました。
イメージ的には昨年が「怪獣vs怪獣」、今年はストーリー重視の作りだったかな。(ここ数年で一番楽しめたかも?)
配布ポケモンが残念だった分、映画の内容で楽しめたと思います。
サンムーンで受け取れるマギアナのガオーレディスクもゲットしてきました。(QRコード)

ボルケニオンとマギアナ中心の話ではありましたが、その他のメンバーも頑張っていましたね。
ニャ―スは安定の通訳係。ロケット団も映画では基本良い人ポジションが多く、今回もそんな感じでした。
アニメ程には「サトシゲッコウガ推し」ではなく、むしろピカチュウが頑張っていたように思います。
ピカチュウ好きな方には安心の作りかも!
(途中、アイアンテールを繰り出している時に、電気技と融合していたように見えたのですが、あれはエレキボールだったのかな?)

映画館で配布していたゲッコウガも受け取り、能力値も確認。マスターボールは使い道が無さそうですが(^^;)
後は映画の最後に毎年出る予告。今年は来年の「ポケモン映画20周年記念作品」の予告がありました。
ただ、登場ポケモンも出ていませんでしたし、サンムーンの予告も無かったので、ちょっと残念です。
【管理人ツイッター(rigfantom)】

ポケモン映画2016「ボルケニオンと機巧のマギアナ」で初登場の幻のポケモンである「ボルケニオン」。
本日、映画館の近くを通ったので前売り券を買って早速手に入れました!
入手方法は簡単。前売り券についているシリアルコードを入力するだけ。
Wi-Fi環境があれば、自宅で受信可能です。
ボルケニオンはタイプが「ほのお/みず」でオリジナルの攻撃技である「スチームバースト」が強力。
(「ねっとう」の強化版のような技)攻撃力110で「やけど」状態にする効果もあり、命中率が95%と高いのが特徴です。
それに加えて特性が「ちょすい」と、防御面にも優れていますね。
種族値としては素早さが70と低いので、厳選するなら特攻を優先しておくといいでしょう。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5462076449185453"
data-ad-slot="7565347307"
data-ad-format="autorelaxed">


ボルケニオンは能力・個体値は3V確定でした。性格はランダムです。
素早さが低いので、ここは特攻が上がりやすい性格(ひかえめ、れいせい、等)がオススメです。
攻撃も高いので、育成方法は二刀流でもいいかもしれませんね(^-^)
私が受信したボルケニオンは個体値が4V(HP・攻撃・防御・特攻がV)でした。粘ればもっと出ると思いますが、
厳選方法がリセット⇒スタート⇒受け取る⇒ジャッジで確認、なのでそれなりに時間が掛かります。(いつかのポケモンのように
小芝居は入らないので厳選視点ではやりやすい方かも(^^;))
【管理人ツイッター(rigfantom)】

新しい幻のポケモンが発表されましたね。捕まえる方法・やり方は?
ポケモン映画2016「ボルケニオンと機巧のマギアナ」で初登場の幻のポケモンです。
ボルケニオンはタイプが「ほのお/みず」に加えて特性が「ちょすい」と、能力次第ではありますが、
幻のポケモンが使用できるルールでの対戦で、最強クラスのポケモンになるんじゃないでしょうか?
(水を完全ブロックできるのは大きい。恐らく「じしん」等も使えるでしょうし、シングル・ダブルバトル両方で活用方法がありそうです。)


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5462076449185453"
data-ad-slot="7565347307"
data-ad-format="autorelaxed">


入手方法・捕まえるやり方はまだ非公開ですが、ポケモン映画2016で「映画館での配信」か「前売りチケットの交換」で間違いないでしょう。
ボルケニオンとマギアナ、1体ずつになりそうですね。
マギアナがディアンシーのように映画館で入手、ボルケニオンが前売りチケットでの交換になるのでしょうか。。。?
また、最新情報が入り次第、このブログで紹介していきますね(^-^)

後はこの映画でポケモン次回作のアナウンスが何かしらあるかもしれませんね。
秋に新作発売があるかもしれませんし、マギアナやボルケニオンは、そこでの仕込みも何かしらありそうです。
【追記】映画の特別前売券にボルケニオン引換券が付くことが発表されました!
【管理人ツイッター(rigfantom)】

新しい幻のポケモンが発表されましたね。
今回は「マギアナ」。ポケモン映画2016関連で2体目の「幻のポケモン」です。
ディアンシーが機械になったような、そんなデザインのポケモンです。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5462076449185453"
data-ad-slot="7565347307"
data-ad-format="autorelaxed">


ボルケニオンとマギアナ。今回は贅沢に2体の新ポケモンを配信です。
ボルケニオンは「みず/ほのお」という初の組み合わせでしたが、マギアナのタイプはなんでしょうか。
パッと見で判断すると、「はがね/フェアリー」辺りでしょうか。。。

入手方法・捕まえるやり方はまだ非公開ですが、恐らくは今回も「映画館で配信」か「前売りチケットの交換」で間違いないでしょう。
ボルケニオンとマギアナ、1体ずつになりそうですね。
雰囲気的にはマギアナが映画館でボルケニオンが前売りチケットでしょうか。。。?
また、最新情報が入り次第、このブログで紹介していきますね(^-^)
【追記】
マギアナはポケモンサン・ムーンでの配信が決まりました。
ポケモン映画2016で配布される「スペシャルガオーレディスク マギアナ」が必要になります。
ポケモンサン・ムーンの新機能「QRスキャン」を使って、ディスクを読み取るとサンムーンでマギアナが入手できます。
スペシャルガオーレディスクから、何回も呼び出せるのかが不明ですが、「1ソフト1体まで」なら、
ディスクを他の人に貸して。。。ということもできますよね。多分できないと思いますが(^^;)
【管理人ツイッター(rigfantom)】

フ―パの受け取り方は今年も同じ。映画館でローカル通信でダウンロード・受信できます。
ソフトの数だけもらえるので、XY・オメガルビー・アルファサファイアの本数分、フ―パを手に入れることができます。
フ―パの能力(個体値)は何度か試したのですが3vは確定のようです。粘れば結構出そう(^-^)

【ポケモン映画2015年「光輪(リング)の超魔神 フーパ」の感想・評価】

公開初日、一番の上映に合わせて行ってきました(^-^)
フレンドさん用のフ―パも受け取り、のんびり映画鑑賞です。

公開前の情報を見ると、「怪獣(伝説ポケモン)対決」を想像して心配していたのですが、
試写会に行った人の前評判がよく、それなりに楽しみにしていました。

映画の内容は至ってスタンダード。「名作ではないけど、駄作ではない」という感想です。
サトシ&ピカチュウ達はメガレックウザ・メガラティアス・メガラティオスと組んで
その他伝説ポケモン達とバトル。(その前にルギアがサトシ達を助けて活躍してました。)

相手側はフ―パ(ときはなたれしフ―パ)、ゲンシグラードン・ゲンシカイオーガ・ディアルガ・パルキア
・キュレム・レシラム・ゼクロム達。

伝説祭りの展開もありましたが、序盤と終盤は割りと、いたずら好きのフ―パの可愛さが、ほのぼのした雰囲気を醸し出していました(^-^)
展開としては、いわゆる「泣き」の要素はそんなに強くなく。
帰宅後、ツイッターを眺めていると、しょこたん(中川翔子さん)がメアリ役(フ―パと一緒に育った女の子)だったと知って驚くのでした。
いや、全然わからなかったです。去年も同じようなことを言ってたような気がしますが(^^;)

同時上映の「ピカチュウとポケモン音楽隊」はアチャモが可愛かったです(^-^)
【管理人ツイッター(rigfantom)】

劇場版ポケモン映画2014年「破壊の繭とディアンシー」
~配布されたディアンシーの能力/ネタバレ注意~

【ディアンシーの能力】
前回はポケモン映画の2014年版「破壊の繭とディアンシー」で配布されたディアンシーの能力を紹介しましたが、
今回は嫁さんが受け取ったディアンシーの能力を紹介します。
これで違いがわかるかもしれませんね。

レベル:50
性格:きまぐれ
タイプ:いわ/フェアリー
親:えいがかん
アイテム(持ち物):ノーマルジュエル
パラメーター:HP125、攻撃115、防御170、特攻108、特防170、素早さ58
特性:クリアボディ(効果:相手に能力を下げられない)
技:ダイヤストーム、リフレクター、ムーンフォース、おんがえし
種族値:H50、A75、B175、C75、D175、S50、合計600

前回紹介したディアンシーと、個体値は違うようなので厳選する意味はありそうですね。
(セーブしないで受け取るところから繰り返せば、厳選は可能かな?何度か3Vだったので
3Vは確定なのかも。)
種族値としてはメレシーの強化版っぽいですね。
メガシンカすると、より上積みされる感じになるかな?
目がディアンシーは映画を見る限り、素早さはあまり変化が無いのかも。
あるとしたら耐久面や攻撃面なので、HP、攻撃、防御、特功、特防辺りに上昇の余地がありそうです。
(イベルタルの攻撃をダイヤストームらしきものを固めて防いでいたので、
素直に考えると耐久面の強化がありそうです。ただ、攻撃面が強化された方が
メガシンカっぽい(既に防御面は堅いので、攻撃面の可能性が高いかも。)こともあり、
攻撃・特功が強化される可能性もありそうですね。)
【ツイッターでも最新情報を公開中!(@rigfantom)】

劇場版ポケモン映画2014年「破壊の繭とディアンシー」
~配布されたディアンシーの能力/ネタバレ注意~

【ディアンシーの能力】
今回はポケモン映画の2014年版「破壊の繭とディアンシー」で配布されたディアンシーの能力を紹介します(^-^)

レベル:50
性格:のうてんき
タイプ:いわ/フェアリー
親:えいがかん
アイテム(持ち物):ノーマルジュエル
パラメーター:HP120、攻撃120、防御187、特攻108、特防144、素早さ70
特性:クリアボディ(効果:相手に能力を下げられない)
技:ダイヤストーム、リフレクター、ムーンフォース、おんがえし

種族値としてはメレシーの強化版っぽいですね。
メガシンカすると、より上積みされる感じになるかな?
【ツイッターでも最新情報を公開中!(@rigfantom)】

劇場版ポケモン短編映画2014年「ピカチュウ、これ何のカギ?」
~映画を観た感想と評価/ネタバレ注意~

【映画の評価・感想】
今回はポケモン映画の2014年版「ピカチュウ、これ何のカギ?」を観てきた感想を紹介します(^-^)

短編映画は去年のイーブイフレンズの方が良かったかも。
(たんに、好きなポケモンがたくさん出ていたから、というのもありますが(笑))
短編ナレーション役の、まゆゆ「渡辺麻友(わたなべまゆ)」さんの声ですが、
これは去年の方がポケモン映画に合っていたかも?

メインで登場するポケモンは
ピカチュウ、デデンネ、ルチャブル、ハリマロン、フォッコ、ケロマツ。
ニャース、ソーナンス、マーイーカ。
アマルス、チゴラス、オンバット、シシコ。
そしてクレッフィ。

そして情報を見ていなかったせいか驚いたのは、過去に登場した幻のポケモンがたくさん出てきたこと。
ダークライ、ビクティニ、マナフィ、ジラーチの4匹を確認。

その他のポケモンは出なかったんですが、幻のポケモンを見ていて
これは来年以降への布石かな?と感じたところもありました。

アニメでも「かわいい!」と評判になっていたアマルスが登場。
今後も登場する機会がありそうですね(^-^)
【ツイッターでも最新情報を公開中!(@rigfantom)】

劇場版ポケモン映画2014年「破壊の繭とディアンシー」
~映画を観た感想と評価/ネタバレ注意~

【映画の評価】
今回はポケモン映画の2014年版「破壊の繭とディアンシー」を観てきた感想を紹介します(^-^)

去年の映画と比較すると、面白かったと思います(^-^)(去年はイマイチだったので(^^;))
XYになって最初の映画だったということもあり、皆さん期待していたのか
昨年よりも並んでいる人が多かったです。
映画館が開いた時点で50人ほどいました。(その後も続々と並んでいたようなので、100人規模かな?)
映画が終了し、次の回で並んでいた人達も階段にズラっといたので、3連休ということもあり出だしは順調なようです。

アニメの方でも仲間になったばかりのルチャブルが登場!
ピカチュウはもちろんですが、ケロマツ達と一緒に頑張っていました。
ヤヤコマは出なかったです。
セレナはフォッコ。ユリーカはデデンネ。シトロンはハリマロン。
いつものパートナー達も一緒に戦っていました。

出てきたポケモンは意外と少なく、割りとターゲットを絞って話の内容を濃くしようとしたのかも。
盗賊と1000匹のポケモンで出てきた二人の盗賊「ライオット」「マリリン」が登場。
こちらはロケット団とは違う、独立した盗賊さんでした。
ロケット団も安定のポジションですが、今回は出番が多かったかな。
ミリス役で出ていた中川翔子さんも良かったですよ(^-^)

そういえば、最初の方でサトシと戦うエリートトレーナーの子が可愛かった!
オリジナルアニメで出てきた子と同じかな?(メガアブソルだったし)

今回のメインは完全にディアンシー。イベルタル・ゼルネアスも登場しますが、
それほど強いインパクトはなかったかも。
イベルタルは戦う相手だったので悪役ポジションとして存在感がありましたが、
ゼルネアスは暖かく見守る役というか、それほどでしゃばらずにディアンシー達を助けるたくめでした。
既に告知されていましたが、ディアンシーはメガシンカします。
トレーナーいないしメガストーンもないけど、どうやってメガシンカするんだろう?と思って観ていたんですが、
キッカケはアレでした。(この辺は映画を観てください。多分、すぐ気付きます(^-^))

ポケモンXYでの初映画ですし、力を入れていたんでしょうね。細かい部分が丁寧に作られていたように感じました。
そろそろ、サトシ中心の映画も観てみたいなーと思ったりしています。
余談ですが、サトシに恋するセレナのポジションも良かったですね。
対した絡みはなかったんですが、サトシがセレナをエスコートする場面がほんの少しだけあって、
男の子らしい一面(優しさ)を感じたシーンがありました(^-^)

ちなみに、映画の最後でポケモン映画2015年の告知がありました。
「オメガルビー」「アルファサファイア」の表紙を飾っている「ゲンシカイキ グラードン」
「ゲンシカイキ カイオーガ」が映っていました。
ルビサファの舞台に戻るのかな?

短編映画の感想は、明日にでも書く予定です(^-^)後は映画館で配信されたディアンシーの能力を紹介します!
【ツイッターでも最新情報を公開中!(@rigfantom)】

ポケモンXY・初心者向けの攻略&プレイ日記
~ダークライの能力は?~

今日から発売されているポケモン映画2014「破壊の繭とディアンシー」
「ピカチュウ、これなんのカギ?」の前売りチケット。
こちらの前売りチケットで入手できるダークライを早速手に入れました(^-^)

【前売りチケットのダークライの能力】
タイプ:あく
特性:ナイトメア
性格:しんちょう
親:ふしぎのくに
技:ダークホール、あくのはどう、ゴーストダイブ、ゆめくい
持ち物:ナゾのみ
ボール:プレシャスボール
リボン:ウィッシュリボン
ステータス:HP134、攻撃110、防御110、特攻139、特防108、素早さ139

早速、ジャッジのところに連れて行き能力をチェック。
確認すると何と3Vでした!
攻撃・防御・特攻の3つがVと、なかなかの能力です(^-^)
幻のポケモン・伝説のポケモンということで、対戦には使いませんが、
持ち物・アイテムの「ナゾの実」は役に立ちそうです。
ナゾの実は「こうかばつぐん」の技を受けた時に回復できるというスグれ物です。
弱点の多いタイプの場合は、特に助かる場面が出てきそうですね(^-^)
【ツイッターでも最新情報を公開中!(@rigfantom)】



【PR】


最新情報ツイッター

ポケモンORAS【攻略&プレイ日記】

2017年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

  • 2017 (2)
  • 2016 (33)
  • 2015 (24)
  • 2014 (168)
  • 2013 (136)
  • 2012 (153)